援助交際の掲示板とは

人気№1
愛カツ
>>愛カツの詳細はこちら
人気№2
SWEET LINE
>>SWEET LINEの詳細はこちら
人気№3
FirstMail
>>FirstMailの詳細はこちら

援助交際は、出会い系サイトの掲示板の中などから求めることができるようになります。

援助交際をするためには、女性が一方的に売りたいと思っていても成立することはありません。

そこに買いたいと思っている男性があらわれることによって、はじめて援助交際は成立することになるのです。

akubiそのためには、援助交際をしたがっているお互いを結びつけるための場所が必要になりますよね。

しかし援助交際を求めるための場所とはいえ、やはりおおっぴらに援助交際を求めることは危険とされています。

そこで相手を募集している男女は、隠語を使うことによって悟られないように、援助交際をよく知っている人にのみその内容が伝わるようにしています。

また援助交際のための出会いを、家出掲示板などから募集するという人もいるようです。

女性が援助交際で求めていることは、お金がどれだけ手に入るかということになりますから、よりお金が手に入るのであれば、家出掲示板に書き込みをしてもまったく問題はないということがいえるのです。

家出掲示板であれば、相手の男性は女性のことを家出少女だと思っていますので、さらに高額の援助を貰うことができる可能性もあるということなのです。

援助交際と体という商品

援助交際はある意味自分の身体を相手に渡すことで金品を得る、ビジネスのようなものでもあるといえます。

そしてそのビジネスはそのとき、当事者である二人だけで値段の交渉などが行われるのですから、販売者側つまり女性側がそこで妥協をしてしまうようであると、値段は一気に低くなってしまうのです。

agohikeそこであまりに安い値段で自分を売らないためにも、相手に対しての交渉をしっかりと行って自分自身も納得できるような価格を提示し、それを受け入れさせることが大切なのです。

本当は相手はその身体に五万円は払えるのに、そこで遠慮してしまって、三万円で手を売ってしまうなど、それではやはり販売側が負けてしまった、ということになるのかもしれません。

自分の身体を売るということで、やはりあまりにも安い値段で売ることはもったいないともいえますし、それでは自分の身体を安売りしてしまっていることになります。相手にあまりに安い値段で援助交際をされようとしていたら、そこにはしっかりと反対をするべきだといえるでしょう。

あくまで自分が納得できるような値段から、上げることはしても、下げることはしてはいけないということになります。自分の値段を諦めることなく、お互いに納得できるような価格設定を追及していくべきだといえます。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ